お問合わせやご意見をお寄せください

ご意見やご感想、相互リンクのご相談などなどお気軽にご連絡ください。

『info@solar-make.com』から追って返信いたします。

上記アドレスに直接ご連絡いただいてもOKです。
※アットマークは半角に変換してくださいね。

お寄せいただいたメッセージは『よくある質問』コーナーや記事中で紹介・引用させていただく場合があります。
※個人名や固有名詞など適宜編集いたします。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認



お問合わせやご意見をお寄せください」への2件のフィードバック

  1. 平田信夫

    ホームページ大変有難く拝見させて頂いています。
    教えて下さい。

    下記のパネルを持っています。

    STP320-24/VemNEW
    仕様
    モジュール型名 STP320-24/Vem
    太陽光発電セルの種類 多結晶 6インチ
    公称最大出力(Pmax) 320W
    公称開放電圧(Voc) 45.6V
    公称最大出力
    動作電圧(Vmp) 37.1V
    公称短絡電流(Isc) 9.14A
    外形寸法 1,956×992×40mm
    質量 25.8kg
    モジュール変換効率 16.5%
    真性変換効率(注) 19.1%
    実効変換効率 18.2%
    メーカー希望小売価格 オープン価格
    ※風圧荷重は3800Pa、積雪荷重は5400Paまで。

    今軽のバンのルーフに上記のパネルを載せました。
    既にボイジャー105Aバッテリー1個と12V入力1500Wの正弦波インバーターを搭載しています。

    ソーラーパネルから充電するコントローラーを探しています。
    このパネルだと12Vシステムはオーバースペックの様な気がしますが、
    12Vシステムで対応可能なコントローラーがあるのか?

    もしくは、24Vシステムにするべきなのか?その場合の適したコントローラーは?
    ソーラー発電はまだ始めたばかりであまり詳しくありません。
    用途は電子レンジや車中泊、又電気自動車なので電欠時の充電(100v12A位)
    です。
    急ぎません、宜しくお願いします。
    平田

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      はじめまして、コメントありがとうございます。

      チャージコントローラーですが、パネルの入力に耐えられるものを選べば良いだけだと思いますよ。

      バッテリーは、あとあと追加して24V化しても良いとは思うのですが、12V用のインバーターを準備した以上、そのインバーターを使うのは費用は掛からないのかなと考えます。

      チャージコントローラーの仕様には、入力側(使えるパネルの量)と出力側(バッテリーに充電する側)の記載があるかと思いますので、様々検討されるのが良いと思います。

      500Wや1000W以上のパネルを接続できるチャージコントローラーになれば、バッテリーも12V・24V(36V・48V)対応のものが多いでしょうから、しっかりと仕様を眺めて選択すれば間違えないかと思います。

      320Wのパネルで、12V105Ahのバッテリー1つでは、確かに発電量が多いとは思いますが、日中(発電中)に直接使える電力は増えますよね。
      バッテリーの容量は、発電していない時間帯にどの程度の電力が必要なのか?といった部分とも関係していますから、足りなければ増やすなりで良いでしょう。

      >>12Vシステムで対応可能なコントローラーがあるのか?
      もしくは、24Vシステムにするべきなのか?その場合の適したコントローラーは?

      前述の通り、大抵のチャージコントローラーは12V・24Vに対応していますので、12Vで運用していて、後々に24Vにすることも可能です。

      適したコントローラーは、320Wの入力が出来て、12Vor24Vのバッテリーに充電できるもの、ということになります。
      僕であれば、後々にパネルを増やす可能性が低そうなので、500W程度の入力が可能なもので、動作状態のモニターを装備した12V/24V(それ以上)のチャージコントローラーを検討するでしょう。

      各機器のマッチングについては、今後パネルを増やす予定があるのか否か?などなど、ケースバイケースで必要な構成は変わるでしょう。

      「この機種なら大丈夫」とか、「こういう組み合わせならOK」とか、「このメーカーのこの型番のを使いましょう」とか、そういった返答を求められることも多いのですが、そこを他人任せにしてしまっては非常に危険です。

      各機器のマッチングについて、それぞれの仕様を眺めて不安な部分や分からないことがあるのであれば、もう少し下調べが必要ということですよね。

      あとは、ご自身の責任で機器を選んで、構成して運用していくほかは無いのかなと思います。

      とりあえず思うところの走り書きなので、誤字脱字云々あるかもしれません。
      あくまでも僕個人の見解なので、書いた内容についていかなる責任も負えないことをご了承ください。

      では、また何かありましたらお気軽に。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA