グリッドタイインバーターについて、別系統のコンセントに給電した場合や、10mほどの延長ケーブルを使った場合、について教えてください

本ブログの読者さまから質問を頂きました。
DIYソーラー(自作太陽光発電)やグリッド・タイ・インバーター(GTI)に興味をお持ちの方の参考になるかも知れませんのでご紹介いたします。


読者さまA氏からの質問

初めまして、Aと申します。
お尋ねしたいことがございます。

グリッドタイインバーターについて、おてんとさんと同じく200Wパネルを接続し、昼間の冷蔵庫、冷凍庫の電力の足しになればと思っています。

おてんとさんの記事を拝見していると、負荷がかかっているコンセントにつなぐのがロスがなく一番いいと書かれていましたが、私の家では、配線的に直接機器がつながっているコンセントにGTIをつなぐのが厳しい状況です。

そこで、お聞きしたいのですが、同じ系統のコンセントならば効果は多少なりともあるのでしょうか
それとも効果はわずかかむしろ効果はないのでしょうか。
お聞きしたく存じます。

お忙しいところ申し訳ないのですが、お返事いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


新潟おてんとサンの返答

はじめましてAさま。
メッセージありがとうございます。

>>同じ系統のコンセントならば効果は多少なりともあるのでしょうか
について、思うところを書かせていただきますね。

分電盤で分けられている各コンセントのうち、同じ系統であれば効果はあるでしょう。

トーナメントのように枝分かれしている水流に、下流から水を足してやるワケです。
トーナメントの頂点まで逆流してから、他の支流に水を増やしてやるには、200Wほどでは役不足ですよね。

なので、トーナメントの近しい出場者に水をいきわたらせることはできても、別系統の出場者には難しいと、そういうイメージです。


読者さまA氏からの返答

分かりやすい例えでありがとうございます!

もう一点お聞きしたいです!
もし、10mの延長コードを用いて、負荷がかかってるコンセントに直接GTIを接続した場合はいかがでしょうか
200Wパネルでは10mの逆流は難しく、効果があまりないでしょうか

その場合GTIの故障につながるでしょうか。

お考えをお聞きしたく存じます。
度重なり誠に申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いします。


新潟おてんとサンの返答

>>10mの延長コードを用いて、負荷がかかってるコンセントに直接GTIを接続した場合はいかがでしょうか
についてですね。

10mくらいなら延長コードを使ってもシッカリ効果はあるかと考えます。

僕の場合も、
GTI
⇒エネモニ(積算電力計)
⇒⇒延長コード
⇒⇒⇒コンセント
という感じで、間に延長コードを使ってますし。

GTIでDC⇒ACの変換でロスしている部分の方がはるかに大きいでしょう。

これが、直流部分で延長するという場合なら結構と減衰するんですけどね。
なので、延長コードのプラグ部分なんかの防塵や防水に気を使えば問題ないのかなと考えます。


本ブログでは、読者の皆様からの質問やご意見を出来るだけ記事に反映させていくつもりです。
質問やご意見などなどコメントや直メールで遠慮なくお寄せくださいね。

また、当コーナーでの僕の返答は、あくまでも『新潟おてんとサン』の思うところであります。
コレが全て正しいとか、そういう意味合いの意見ではありません。

よくある質問集メニュー

以上、『自作太陽光発電が好き!かんたんDIYソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA