2016年1年間のグリッド・タイ・インバーターでの給電量

5万円で自作できた!グリッド・タイ・インバーターを使ったDIYソーラー発電
を使って、2016年1年間で屋外コンセントに給電した電力量を報告します。

■2016年、1年間でグリッド・タイ・インバーターによる給電状況

2016年、
1月、1.94kWh
2月、6.83kWh
3月、12.3kWh
4月、15.38kWh
5月、15.3kWh
6月、15.0kWh
7月、14.23kWh
8月、18.3kWh
9月、11.0kWh
10月、11.0kWh
11月、7.68kWh
12月、4.36kWh
合計、133.32kWh

単価22円:2,933円
単価42円:5,599円

昨年同様、1年間で5千円ほどの節約になったようですね。
この調子で行けば・・・あと4~5年で元が取れます(笑)

特にトラブルもなく4年目に突入ですね。
この調子であと5ほど使えれば良いんですけどね。

DIYソーラー発電メニュー


以上、『自作太陽光発電が好き!かんたんDIYソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。


2016年1年間のグリッド・タイ・インバーターでの給電量」への2件のフィードバック

  1. まっくんち

    ノントラブルとは、優秀ですね。
    とてもうらやましいです。

    GTI出力単相2線200Vタイプを一般家庭の単相3線の電源側2線へ接続(中性線には接続しない)しても、しっかり同期してくれるのでしょうか。たぶん行けると思っていますが・・。

    もし可能であれば、我が家のは現在2台ですが、再度故障したら、将来、200V出力タイプ1台に交換したいです。
    (理由は200Vタイプの方が僅かに変換効率が良いため)

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      こんにちは、まっくんちサマ。

      >>GTI出力単相2線200Vタイプを一般家庭の単相3線の電源側2線へ接続(中性線には接続しない)しても、しっかり同期してくれるのでしょうか

      僕は試したことが無いので何とも言えません。
      なので可能かどうかも答えることができません。

      僕の使っているGTIの仕様には、
      『出力電圧:120VAC(90~140VAC)or 230VAC(190~260VAC)』
      とあります。
      これを120VACで使っているだけですからね。

      で、500Wまで入力できるところを200Wしか入力していません。
      これはちょっと効率が悪いんですが、GTIの負担は少ないかもしれませんね。

      PCの電源とかもそうなんですが、できるだけ余裕を持たせておくっていう僕の悪いクセですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA