Windows10でOSやハードディスクの内容はそのままマザーボードやCPUを交換してみた

z1-ターゲットは-ASUS-P5Q-Intel-Core-2-Quad-Q9650-win10にアップグレードしたもの
Windows10ではマザーボードなどを交換してもOSが起動すると聞いて!
Microsoftアカウントを取得して紐づけておくことでライセンス認証も通ると聞いて!
やってみたくなる僕です(笑)

10より前のWindowsでは、マザーボードを交換するなどの大幅なハードウェアの変更をしてしまうとOSが起動しなくなっていました。

で、事前にレジストリを編集してすべてのドライバを有効にしておくことで、マザーボードを交換してもWindowsが起動できるようにしておく必要がありました。

また、そうやってマザーボードを交換してWindowsを起動しても、ライセンス認証されていない状態。
電話認証などの手続きを経て、やっと使えるPCの出来上がり。

といった、なかなか煩わしい作業が必要でした。
※『ハードディスクやOS(Win7)はそのままマザーボードを交換してみた

自作系PCで、
マザーボードを交換したいとか、
マザーボードが壊れて交換に差し迫られるとか、
故障したPCでOSを起動したうえで以前の環境をバックアップしたいとか、
こういう場合に何かととっても不便でした。

で、Windows10ではマザーボードなどを交換しても特に設定などを必要とせずにOSが起動するうえに、Microsoftアカウントを取得して紐づけておくことでライセンス認証も通るとのこと。

これはやってみなければ気がすみませんね!
どうあっても新しい呪文を掛けてほしくなるカノ勇者さんも似たような心境なのでしょう。

ということで、OS(Win10)はそのままで、マザーボードとCPUとメモリを交換してみます。

もうアレです、むしろHDD以外は全替えっていう感じです。
LGA775から一気にLGA1150へステップアップしちゃうワケですし、それでもWin10はそのままだしライセンス認証も通しちゃう
なかなか欲張りな記事になってます。

要点は、
Windows10へはローカルアカウントではなくてMicrosoftアカウントでログインする』
っていうところ。

冒頭画像のバラックPCを使って実践していきます。
余剰パ-ツで使えるPCを自作しちゃおう!?P5Q(LGA775)とQ9650(C2Q)とGT640で頑張ってみる
マザーボード『ASUS P5Q』、
CPUは『Intel Core2 Quad Q9650』、
win7proをwin10にアップグレードしたものです。

この上記PCに、
マザーボード『ASUS H81M-E』に交換、
CPUは『Intel Pentium G3258』、
メモリはこのマザーボードで使える適当な4GB、
という変更を加えてライセンス認証まで頑張ってみます。

では、以下の目次に沿ってまとめてみます。
Windows10のローカルアカウントをMicrosoftアカウントに変更
マザーボードとCPUとメモリの交換
Windows10を再度ライセンス認証する
おしまい

3500文字以上、画像24枚ほどの記事になります。
チャレンジされる際は安全面に留意して慎重に作業してみてくださいね。


Windows10のローカルアカウントをMicrosoftアカウントに変更

ターゲットのPCへはMicrosoftアカウントでサインインしておく必要がある
要点はこの1点に尽きます!

事前にMicrosoftアカウントを取得しておく(あるならスルーで)。
で、Windows10のローカルアカウントをMicrosoftアカウントに変更。
これで準備完了と、そういうワケです。

マザーボードとCPUを交換する前のシステムのプロパティ
z2-ターゲットは-ASUS-P5Q-Intel-Core-2-Quad-Q9650-win10での構成.jpg
CPUがQ9650っていう部分が確認できます。

Microsoftアカウントを取得しておく
z3-マザーボード交換前の準備-まずはマイクロソフトアカウントの取得
1つのマイクロソフトアカウントで管理できそうですが、今回はこのPC用にMicrosoftアカウントを取得しました。
gmailなどのフリーメール一つでMicrosoftアカウントは取得できます。

『Microsoftアカウントでのサインインに切り替える』をクリック
z5-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え-Microsoftアカウントでのサインインに切り替えるをクリック
スタートメニューの設定アイコン(Windowsの設定)
⇒アカウント
⇒『Microsoftアカウントでのサインインに切り替える』をクリック

事前に登録したMicrosoftアカウントを入力
z6-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え-事前に登録したMicrosoftアカウントを入力してサインインをクリック
事前に登録したMicrosoftアカウントを入力して『サインイン』をクリックします。

現在のWindowsパスワードの入力を求められます
z7-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え-Windowsのパスワードの入力を求められます-設定していなければ空白で
パスワードがあれば入力、設定していなければ空白、ですね。

4ケタのPINを設定
z9-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え-4ケタのPINを設定-2
PINが必要なければスキップで。
パスワードを入力するよりはPINの方が素早くデスクトップにアクセスできます。

『このPCで本人確認を行う必要があります』『確認する』をクリック
zz10-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え-このPCで本人確認を行う必要があります-確認するをクリック
一応はマイクロソフトアカウントでのサインインに切り替わっていますが、本人確認をする必要があるとのこと。
『確認する』をクリックして作業を続けます。

送られてきたコードを入力
z11-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え-送られてきたコードを入力
Microsoftアカウントで登録したアドレスへ送られてきたコードを入力します。

Microsoftアカウントでのサインインに切り替え完了
z12-ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントへ切り替え完了
晴れてMicrosoftアカウントでのサインインに切り替え完了です。

結構と必要な手順がありました。
レジストリをいじる方が早いかも。

まぁwin10ではこの手順が必要なワケですね。


マザーボードとCPUとメモリの交換

準備したマザーボードは『ASUS H81M-E』
z13-windows10-マザーボード-メモリ-CPU-一気に交換-ASUS-H81M-E
これにG3258を載せて、後々オーバークロックも試してみるつもりです。
『win10』+『Z以外のチップセット』+『Pentium G3258』の組み合わせだとオーバークロックは厳しいみたいですが、機会を見て試してみましょう。

準備したCPUは『Intel Pentium G3258』
z14-windows10-マザーボード交換-CPU-intel-G3258-LGA1150
中古で4,000円ほど。

バラックケースにG3258とH81M-Eをインストール
z15-windows10-OSそのままマザーボード交換-バラックケースに-intel-G3258-LGA1150-H81M-Eをインストール
メモリは適当な4GBです。

もうね、ハードディスクだけが元のPCで、それ以外は別物PCですよね。
ケースや電源を変えたところでOSからは見えませんしね。

で、これだけ一気にハードウェアを変えてしまって大丈夫なんでしょうか?
いままで(win10より前)はNGでしたから、結構不安ですよね(汗)

普通に起動するWindows10
z16-windows10-OSそのままマザーボード交換-マザーボードとCPUとメモリが変わった状態で普通にwin10が起動します
通常の起動よりはちょっと時間を要しますが、普通にデスクトップまでたどり着きました。

なんていうことでしょう!
なんでもアリではないですか。

あとはライセンス認証さえパスすれば大成功ってことですね。


Windows10を再度ライセンス認証する

Windows10はライセンス認証されていない状態に
z17-windows10-OSそのままマザーボード交換-ライセンス認証されていない状態に
インストール(アップグレード)した時とは別物PCになっていますから当然ですがこうなります。

プロダクトキーを入力するもライセンス認証されず
z18-windows10-OSそのままマザーボード交換-プロダクトキーを入力するもライセンス認証されず-トラブルシューティングをクリック
焦らずに『トラブルシューティング』をクリック。

『トラブルシューティング』の実行中
z19-windows10-OSそのままマザーボード交換-プロダクトキーを入力するもライセンス認証されず-トラブルシューティングを実行中
なにやら問題を探してくれているようですが・・・。

『トラブルシューティング』を完了してもまだライセンス認証されず
z20-windows10-OSそのままマザーボード交換-プロダクトキーを入力するもライセンス認証されず-トラブルシューティング完了-このデバイス上のハードウェアを最近変更しましたをクリック
焦らずに『このデバイス上のハードウェアを最近変更しました』をクリック。
まぁ変更したどころの変更じゃないんですけどね。

やっと『Windows 10 を再度ライセンス認証する』にたどり着きました
z21-windows10-OSそのままマザーボード交換-PC名が表示されるのでチェックを入れてアクティブ化をクリック
マザーボード変更前のPC名が表示されるので、
『現在使用中のデバイスは、これです』
にチェックを入れてアクティブ化をクリック。

Windows10を再度ライセンス認証中
z22-windows10-OSそのままマザーボード交換-windowsを再度ライセンス認証しています-しばし待つ
しばし待ちます。

Windows10の再度ライセンス認証完了
z23-windows10-OSそのままマザーボード交換-windowsはライセンス認証されています
ライセンス認証されました!

マザーボード交換後に、
『プロダクトキーを再入力』⇒認証されず
『トラブルシューティング』⇒認証されず
『現在使用中のデバイスは、これです』
『Windows10の再度ライセンス認証完了』
っていう手順ですね。

『Intel Pentium G3258』を認識しています
z24-windows10-OSそのままマザーボード交換-HDD以外を交換してしまっても無事にwindowsはライセンス認証された
windows10で、OSはそのままマザーボードを交換。
HDD以外を交換してしまっても無事にwindowsはライセンス認証されました。


おしまい

いかがでしょうか。

とりあえず便利になりましたね。
win10ならハードウェアの変更は怖くありません。

ライセンス認証は別として、とりあえずOSが起動してくれるのは気持ちが楽です。
OSをそのままでマザーボードを交換したときの、電話認証の煩わしさからは解放されますね。

あと心残りは、
『win10』+『Z以外のチップセット』+『Pentium G3258』の組み合わせだとオーバークロックは厳しい
ってのを確認したいってことですね。

とあるDLLをリネームするか削除すると可能になるとか、win10が新しければどうだとか、気になりますね。
まぁいきなりPCが起動しなくなっても困るので実践していないっていう状態です。

こういうのも折をみてやってみましょう。


以上、『自作太陽光発電が好き!かんたんDIYソーラー発電』の新潟おてんとサンでした。



Windows10でOSやハードディスクの内容はそのままマザーボードやCPUを交換してみた」への12件のフィードバック

  1. ほいほい堂本舗

    ありがとうござました。
    私も同じ方法でマザー、CPU、メモリを交換し、Windows10が無事認証されました。
    今まで同様の作業をする場合はOSの再インストールをしていたので、念のためHDDも新たに購入してそちらにインストールしてからデータを移していましたが、この記事のおかげでHDDを買わずに済み、手間も大幅に省けて助かりました。

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      はじめまして、ほいほい堂本舗さま。
      コメントありがとうございます。

      無時にOSそのままハードウェアの換装が成功した様子で何よりです!

      Win10がインストールしてあるHDDやSSDさえ使える状態であればOKな感じですからね。
      Win7以前と比べると、CPUやマザーボードといった主要パーツの交換が身近になった感じです。

      また何かありましたら気軽にコメントなど残していってくださいね。

      返信
  2. 通りすがり

    マザー変えたらOSが起動しないと言うのは間違い殆どの場合は起動します。
    ですからwindows10だからマザー変えても起動するという解釈も間違ってます。
    その動作にwindows10は関係ありません。

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      はじめまして、通りすがりサマ。
      コメントありがとうございます。

      なるほど。
      僕の間違いだったんですね。

      僕の場合は、win7でマザーボードを別機種に交換した場合で、尚且つ事前にレジストリを編集しなかった場合、OSが起動しませんでした。
      同じ機種のマザーボードなら問題なかったのですが。

      当然ですが、OSをクリーンインストールすれば問題なく動きます。

      ただ、今まで使っていたソフトや設定などの状態を維持しつつ、HDDはそのままでマザーボードを別の機種に交換したいという趣旨の記事です。

      win7で『ASUS P5Q』から『ASUS H81M-E』にマザーボードを交換した場合で、尚且つOSの再インストールをしない場合、ドライバーが無効になっているので事前にレジストリを編集しておかなければwin7は起動しませんよね。
      しかも、Windowsのライセンスは認証されていない状態になってしまい、電話認証しなければなりません。

      ですが、win10であれば事前にレジストリの編集をしなくても、本記事のようなハードウェアの変更をしてもHDDの内容はそのままでOSが起動します。
      win7ではこれが出来ませんね。

      尚且つ、マイクロソフトアカウントと紐づけておけば、上記のようなハードウェアの変更をしても、電話認証をせずにライセンス認証を通すことが出来ます。
      win7ではこれも出来ません。

      こういうことが言いたかった記事なんですね。

      返信
  3. 通りすがり

    >>ですが、win10であれば事前にレジストリの編集をしなくても、本記事のようなハードウェアの変更をしてもHDDの内容はそのままでOSが起動します。
    win7ではこれが出来ませんね。

    ここがまず違います。
    起動しない理由はIDEかAHCIかの違いが殆どでwin7だからではありません。
    AMD環境でインストールしたwin7でもIntel環境で殆どの場合起動しますし、逆もしかりです。
    チップセットは違ってもDriverが当たらなければMSの標準が当たるだけですので起動には支障ありません。
    近年はAHCIがデフォになってますのでまず起動しないほうがまれでしょう。
    インストール方式は近年はUEFIが主流になってきてますので、UEFIでインストールしたwin10をMBRしか対応してない古いマザーで起動しようとしても起動はしません。これは7でも同様です。
    IDEでインストールしたOSを起動したいのであればBIOSでSATAconfgでIDEに変えれば起動しますし逆もしかりです。
    windows10だから起動したというのは全く理由が違います。
    ハードに対応してるかが重要です。

    折角新しいマザーでwindows10を使うのならポンつけ認証でなく、UEFIインストールでクリーンインストールしたほうがパフォーマンスは上がりますし、ポンつけだとレジストリに旧環境のものが残りますし不具合が起こりやすくパフォーマンスは悪いと思います。
    クリーンインストールでの認証でもMSアカウントを使ったライセンス認証のトラブルシューティングは使えまよ。
    旧環境のソフトの設定とかを維持したい、環境再構築がめんどくさいなどがないならクリーンインストールで快適に使ったほうが良いように思います。

    では旅に出ます。
    ご健闘をお祈りいたします。

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      >>折角新しいマザーでwindows10を使うのならポンつけ認証でなく、UEFIインストールでクリーンインストールしたほうがパフォーマンスは上がりますし、ポンつけだとレジストリに旧環境のものが残りますし不具合が起こりやすくパフォーマンスは悪いと思います

      間違いなく通りすがりサマの仰る通りです。

      ですから記事の冒頭で、
      >>マザーボードを交換したいとか、
      >>マザーボードが壊れて交換に差し迫られるとか、
      >>故障したPCでOSを起動したうえで以前の環境をバックアップしたいとか、
      と前置きしているんですよ。

      クリーンインストールする方がパフォーマンスも安定性も良いのは明白です。
      全く以て正論ですし、僕も良く分かります。

      ハードディスクやOS(Win7)はそのままマザーボードを交換してみた
      のコメントでもお伝えしていますが、本来はクリーンインストールするべきで、応急処置的な対応なんだと言っているじゃありませんか。

      それでも今使っている環境が必要だったり、なんとかPCを起動して新しい環境に意向するための足がかりとして、一つの方法を提案しているに過ぎません。

      >>旧環境のソフトの設定とかを維持したい、環境再構築がめんどくさい
      本記事はそういう方々のために提案している記事ですよ。

      えと、通りすがりサマ。
      ご自身の知識や見解が、僕らの知識の域をはるかに超えているのはお察しいたします。

      ただね、こういう方法でも必要としているエンドユーザーがいるのもまた事実です。
      それにね、極端に専門的な知識のみをひけらかすよりは、ちょっとエンドユーザーにフレンドリーな方法を提案したいというだけのことですよ。

      揚げ足を取って、ご自身の知識や考えの正当性を押し付ける気持ちも分からないでもないんですけどね。
      ただね、僕のような素人を相手にして専門知識で揚げ足を取るっていうのは、ちょっと大人げないのかなと感じます。

      通りすがりサマが、何かしらブログや動画配信などを行っているのでしたら、まずはソコを僕に明かして、対等な立場で物申していただけないでしょうか?

      『通りすがり』なんていう匿名スタンスを維持しつつ、自分の言いたいことだけを書き残すというのはちょっとズルくありませんか?

      僕のようなお子ちゃまでも、気軽にパソコンをいじって楽しんでいます。
      何かいけないんでしょうか?

      まぁね、この一連のコメント自体、削除しても良いですし、コメント機能を閉鎖することも出来ます。
      僕のブログですし、僕に都合の悪いことは無かったことにもできます。
      それでも貴方様のコメントを承認・公表している僕の気持ちも汲んでくださいね。

      『旅に出ます』とはどういう意味なのでしょうか?
      自分の言いたいことは言ったから、あとはご勝手にどうぞってことでしょうか。

      真摯なスタンスとは言い難いと感じます。
      まぁ『通りすがり』なだけの関係ですし、好きなことを言えますよね。

      さて、僕はこのブログを通じて、実際にお会いして交流したり、ノートPCを送ってもらってCPU交換をさせていただいたり、僕なりにかなりオープンに読者様と付き合っています。

      『通りすがり』さまとも、機会があるのであれば直接お会いしてお話しをするのも良い経験になりそうです。
      本ブログに当方にメールアドレスが記してありますので、是非ご連絡ください。

      返信
  4. さぼてん

    突然のブルースクリーンで勝手に再起動を繰り返す症状で悩んでいました。Windowsを入れなおしても改善しないので、思い切ってマザーボードとCPUを交換を考えていたところでここに辿り着きました。
    無事に部品交換も認証も済み、助かりました。セレロンからi5になって色々快適です。
    何度もWindows再インストールは大変なのでとても参考になりました、有難うございました。

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      はじめまして、さぼてんサマ。
      コメントありがとうございます。

      本記事が参考になった様子で何よりです!

      また何かの際には気軽にコメントなど残していってくださいね。

      返信
  5. nene

    はじめまして。
    PCの買い替えに、ソフトの再インストール
    大変だなと思って検索していて、こちらのサイトを発見しました。
    非常に参考になる記事をありがとうございます。

    これって、今使っているHDDを新しいHDDにクローンすれば、
    HDDも新しく、PCまるごと交換って出来るんでしょうか……?

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      はじめまして、neneさま。
      コメントありがとうございます。

      HDDをクローンして、今の環境で準備をして、その後にハードウェアを変更。
      または、HDD以外のハードウェアを変更、その後にHDDをクローン。
      どちらの方法も可能です。

      ただ、気を付けなければならないのが『ライセンス違反』ですね。

      今使っているPCのOSが、PCに初めからインストールされている(OEM版と呼びます)ものの場合、他のPCでそのOSを使うことが出来ないんです。
      この場合は、残念ですがマザーボードなどの主要なハードウェアの変更はライセンス違反になってしまいます。

      お手持ちのOSがDSP版やパッケージ版の場合は、本記事のようなハードウェアの変更が可能です。

      ただ、DSP版の場合は、バンドルのハードウェアが使われているPCにライセンスされます。
      なので、DSP版のOSとセットで購入したパーツは使い続ける必要があります。

      また何か気になることがあれば、気軽にコメントなど残していってくださいね。

      返信
  6. ぱぴー

    有り難い記事を拝見しました、感謝です。
    以前フォーマットし忘れたwindows10のHDをうっかりそのまま他のパソコンに取り付けたら起動してしまい、それ以来???のままでした。
    最近i7 870とHD5770では最新ベンチを非常に快適とはいかず3Dマークは超惨敗(論外のごとき結果レポートが、、、)
    cpuとマザボとグラボ交換したらまた再インストールか、、、と思っていた矢先の記事でしたので、まさに目からウロコです。
    明日アキバとハードオフをまわって早速チャレンジしてみます。
    私はゲーム自体は全くやりませんが、ベンチマークテストは何となくウキウキしてしまって。

    ゆっくり勉強して楽しんでいる人達もいるのに、なんか面倒くさいヤカラもいるもんですね、相手にしないことですよ。
    何よりヤカラのコメントが全部正解かも分かりませんし(笑)。

    私もパーツ交換終了したらまた報告させて頂きます!

    返信
    1. 新潟おてんとサン 投稿作成者

      はじめまして、ぱぴーサマ。
      コメントありがとうございます。

      パソコンスキルと、スパムスルースキルが足りず、プラスして大人げない性格。
      いつまでも未熟少年の僕ですから、変なコメントも大切に残しておいたりします(笑)

      楽しんだ者勝ちですからね、ネガティブなヤカラとの馴れ合いも、ぼちぼちは楽しいです。

      まぁアレです、元の環境にいつでも戻せる状態でチャレンジできるのは、やっぱりプラスなことも多いかなと。
      フォローしてもらって嬉しいかぎりです。

      ぱぴーサマのPCが、新しい構成で狙った動作になると良いですね!
      では、また気軽にコメントなどしてくださいね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA